Note Sleeve Wallet

down

australia

Bellroy - Australia

THE UNIT STOREならびにワーキングユニットは ベルロイ の日本総輸入代理店です。

ベルロイが目指すのは、どんなときでも『簡単にモノを持ち運ぶこと』。数ある製品の中でも人気の高い『NOTE SLEEVE』は、ブランド設立時からのロングセラーであり、『ハンバーガーのように膨らんだ財布をスリムにすること』をミッションに製作されたベルロイの定番モデルです。


SLIM YOUR WALLET - 財布をスリムに

普通のお財布と比較してみると一目瞭然。 紙幣に小銭、カードは11枚まで収納できます。



man

NOTE SLEEVE 人気のポイント


ベルロイがスリムな財布の製作に取り組む中で、製作チームは気がつきました。『レザー同士が重なると、その分どんどん厚みが増していく!』そこで考え出したのが『プルタブ付きの収納ポケット』


よく使うカードは手前のポケットへ。使用頻度の低いカードはまとめて収納。まとめていても、ポケットにはプルタブがついているから、いざという時も取り出しやすい仕組みです。持ち歩くカードに優先順位を付ける事で、余分なカードポケットをつけずに済み、厚みもぎゅっと抑えることができました。

now_old

現在のNOTE SLEEVEは、中を開いて右側に小銭ポケット、左側にプルタブ付き収納ポケットがついています。ですが初期のNOTE SLEEVEは、どちらも右側にポケットがついていたことを知っていますか?旧デザインは、カードポケットと小銭入れが重なっていたことで、収納量によってシルエットが崩れがちでしたが、現在のデザインになってからは、より小銭がとりだしやすく、よりスリムなシルエットをキープできるようになりました。

aging

ベルロイが採用したのは、天然牛革のベジタブルタンニングレザー。
使えば使うほどにオーナーであるあなたにあった形へと変化して行きます。

使用するレザーの枚数を極力減らし、無駄のないスリムな財布に仕上げました。

1つの財布を作る為のレザーの量
(左: 通常のお財布、右: Bellroy Note Sleeve Wallet)


slim_leather
packaging

1つ1つの製品に、オリジナルパッケージが付いています。こちらも環境に配慮したパッケージで、土に還る素材を使用。プライスタグも簡単に取れるよう考えられています。

rfid
RFID とは

RFID とは I Cタグと呼ばれるメディア(チップ)に対し、無線通信で主にI Dなどの情報を読み書きする技術です。クレジットカードやパスポート等も、RFIDの原理を用いて個人情報が埋め込まれ、専用スキャナーにより情報の送受信が行われます。

ベルロイの RFIDプロテクションとは

RFID シグナルの侵入を遮断する素材が、財布の表面と裏地の間に入っています。クレジットカードやパスポートが財布の中に収納されている限り、IC タグの情報が読み取られることはありません。

pack
サイズ 102mm x 90mm
重さ 40g
カード

11枚

紙幣 折り畳まずに収納
(ドルやユーロにも対応)
硬貨 100円硬貨で約20枚